失敗しない結婚相談所選び!ポイントは「出会い方」


出会い方1、仲介・仲人型

仲介(仲人)型は婚活アドバイザーがヒアリングを行いながら、利用者の希望条件や性格に合いそうな相手を紹介するタイプの結婚相談所です。相手を紹介してもらった後の初対面は婚活アドバイザー同席の「お見合い型」と、紹介された当人同士が2人きりで親睦を深める「デート型」の2パターンがあります。仲介型では婚活アドバイザーに相談しながら婚活を進められるので、異性へのアプローチに慣れていない人でも安心です。一方、紹介してもらえる相手との相性は仲人である婚活アドバイザーのスキルや経験値に依存する部分が大きいので注意しましょう。

出会い方2.マッチング型

利用者が相手に求める条件を登録して、その条件に合致した利用者同士をコンピューターによって引き合わせるのがマッチング型です。登録出来る条件は「居住地」「年収」「学歴」「趣味」などが一般的と言えるでしょう。登録者が多い大手の結婚相談所で採用される傾向があります。人件費が少なく済むため仲介型に比べてサービス利用料が安めな点や、婚活アドバイザーと対面しないため緊張せず気楽な感覚で婚活を進められる点がメリットです。ただし比較的理想を高く掲げる人が多い傾向にあるので、マッチングしたとしてもデートやお見合いを断れるケースも珍しくありません。

出会い方3.データベース検索型

データベース検索型ではマッチング型のように登録された条件や写真などを、利用者が直接検索しながら相手を探します。仲介型・マッチング型と併用出来るようになっている結婚相談所も少なくありません。場所や時間を選ばず手軽に相手を探せる他、納得いくまで条件を突き詰める事が出来ます。こだわり過ぎると中々相手が見つからず婚活に時間がかかってしまうので注意しましょう。

結婚相談所は、さまざまな方法でお相手の候補を紹介してくれるサービスです。結婚したいのに出会いが少なく、理想の相手になかなか出会うことができないといった人は一度相談してみるのがおすすめです。

Related Posts

© 2021 Support Marriage - All Rights Reserved.