日本の伝統「神前式」とは?基礎知識を抑えよう


神前式に込められた意味とは?

日本古来の挙式スタイルである神前式。きらびやかな神社や和装に憧れて神前式を選択するカップルも多くいますよね。神前式とは、文字通り「神の前で結婚を誓う」儀式です。日本では自然界の全てに神が宿ると考えられていて、八百万の神様と呼んで信仰してきました。神々の前で挙式を執り行い、夫婦になる誓いを立てることが、神前式に込められた意味・目的です。

どんなことをするの?

神前式で執り行われる儀式は、祀られている神に向けて行われます。「祝詞奏上(のりとそうじょう)の儀」や「誓詞奏上(せいしそうじょう)の儀」で結婚の報告や誓いを読み上げ、神に敬意を払って力を授かる「玉串拝礼(たまぐしはいれい)の儀」を行います。堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、ひとつひとつ結婚を祝福し、未来の幸せを願っての儀式です。新郎新婦や親族で盃を交わす儀式もあり、家同士の結びつきを確認する意味もあります。

神前式と教会式の違いは?

教会式は、ウエディングドレスやタキシードに身を包み、チャペルで執り行う挙式スタイルです。本来の教会式は、キリストの教えにのっとって結婚を誓うものです。現在は信仰している宗教に関係なく、親族や友人の前で挙式を執り行う人前式スタイルが多くなりました。神前式と教会式の大きな違いは、神の前での挙式か、親族や友人といった人々の前での挙式か、と言えるでしょう。

神前式はこんなカップルにおすすめ!

神前式は、八百万の神々への感謝の心を大切にし、夫婦や親族の絆を深める挙式スタイルです。普段あまり触れることのない日本の伝統文化ですが、結婚という大切な日に触れるというのも素敵ではないでしょうか。神社や和装といった和の形への憧れはもちろん、親族中心の挙式がしたい…そんなカップルにもおすすめです。

神前式は、神社で執り行う結婚式のことです。和装が合いますので、一番似合う花嫁衣装は、白無垢です。男性は袴を着用します。

Related Posts

© 2021 Support Marriage - All Rights Reserved.